即日借入したい!オススメのカードローンや消費者金融は?

MENU

即日借入したいときオススメのカードローンや消費者金融は?

「急な出費でなるべく早めにお金が必要!」
「友人の結婚式で3〜5万円必要だけど給料日前」
「飲み会が多くてお金を使いすぎて今月ピンチ!」

 

そんな「即日に借入」したいときにオススメなのが「アコム・モビット・プロミス」などの消費者金融のカードローン!

 

スマホなどのネット申込でスピード契約することもでき、当日の借入も可能!
無人自動契約機を併用すれば、ローンカードが職場や自宅に送られてくる心配もありません。
また、安定した収入があれば主婦・学生・水商売の人でも即日借入可能です。
このサイトでは、そんな「すぐに借入も可能」な消費者金融をオススメ順に調べてみました!


即日借入する際に注意する点は?

各消費者金融で即日借入する際に注意する点は

一体どんなものがあるのか調べてみました!

 

 

即日借入可能な申込時間帯に契約完了すること!

いくら即日借入可能とはいえ、各消費者金融ごとに即日借入可能な申込時間帯や曜日があります。

 

アコムは「平日の14時までに契約を完了」すれば即日借入も可能です。
プロミスも同様に「平日の14:00までに契約手続きが終了」していれば」即日借入れすることもできるそうです。
ちなみに、モビットは「平日の14時50分までに申込手続きを終了」すれば即日に借り入れることもできるそうですよ。
※モビットは14:50までの振込手続完了が必要です。審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

 

このように、各消費者金融ごとに即日借入できる申込の時間帯や曜日が少し異なるのでよく注意するようにしましょう!
基本的には、土日祝日は無理なので気をつけましょう。

 

 

審査の結果により即日借入できない場合もある!

即日借入可能な時間帯に申し込んだからといって「審査」に必ずしも通るというわけではありません。
各消費者金融によって審査基準は異なりますが、審査に通らなければ即日借入れできません。

 

・他社から複数の借入がある。
・無職で安定した収入がない。
・以前に借入したとき返済が遅れてしまったことがある。
・・などの項目に当てはまると審査に不利になる場合があるので注意するようにしましょう。

 

ただ今は、安定した収入があれば「学生のアルバイト」や「パート勤務の主婦」の方でも借入できる場合が多いようです。
そのほか、キャバクラのキャバ嬢やホストクラブなどの水商売や派遣の人でも、安定した収入が見込めれば即日借入することも可能だそうですよ。

 

自分が借入することで家族の信用情報に影響が出たりするの?

借り入れを行ったからといって身内の信用情報には特に影響なし!

カードローン会社の多くはフリーローンとして目的自由のローンを商品化しています。
このカードローンを利用すると家族の信用情報に影響が出るのでしょうか?例えば○○家の二男はカードローンを利用しているとか・・・。
カードローンと言うのは基本的に無担保・保証人不要としています。
担保も保証人もいらないのに何故お金を貸せるのかと言うと、融資対象である人の信用を担保にしているからです。
カードローンを利用する場合はあくまでカードローン会社と契約者個人間の契約となっており、家族等は一切関係ないという扱いになります。
ですからカードローンを利用したからと言って家族の信用情報に影響は全くありません。

 

もし専業主婦の方がカードローンの申し込みをしたとします。専業主婦には収入がありませんから、その家の収入を根拠に支払い能力があるかを判断します。

 

その際には例えば旦那さんの収入があるかなどを調査します。しかしそれはあくまで調査をしているだけであって、信用情報に何かが影響するというものではありません。

 

ですからカードローンを誰が利用したとしても、家族の信用情報に影響が出るという事は一切なく安心してカードローンを利用する事が出来るのです。

毎月の収入の変動が大きい場合、カードローンを利用することはできないの?

安定した収入が審査で認められれば借り入れは可能!

自営業や農家などで収入を得ている人は、毎月の収入の変動がかなり大きいでしょう。
毎月の収入変動が大きい場合はカードローンの利用は難しいのでしょうか?
毎月の収入の変動が大きいと収入が安定していないのではないかと思われると不安になる人も多いのですが、カードローン会社が審査の基準として求めるのは「年収」です。
毎月ごとの収入で判断をしているのじゃないのです。
だから「年収」がある程度の水準であればあまり心配する事はありません。
自営業などの場合には毎月の収入変動は仕方がないからです。
自営業や農家の場合で収入が変動する場合にはカードローンの利用にはあまり影響がありませんが、これが仕事を辞めたり新しい仕事についたりという感じで変動するのは良くありません。
仕事が安定しない=安定した収入を得ていないと判断されてしまうからです。
まあ普通に考えてもこんな人はNGですよね。カードローン会社が求めるのは安定して継続した収入がある人です。
特殊な仕事をしている人以外のサラリーマンだと普通は安定して一定の収入があるのが当たり前です。
普通のサラリーマンなのに月々の収入が安定しないというのは審査には良くない情報となるでしょう。

総量規制が除外・例外される時があるってほんと?

多重債務者の発生を抑える為に導入された総量規制。総量規制の実施により年収の1/3を超える貸付を行った場合には、その金融業者は行政処分の対象になる事になっています。
ですから総量規制実施後は年収の1/3を超える貸付をする金融業者はほぼあり得ません。

 

だから原則総量規制を超えての借入は不可能となっているのですが、実はこの総量規制には例外や除外される場合がある事をあるのを知っていますか?総量規制が除外される場合や例外事項についてご紹介をしていきましょう。

 

総量規制実施後年収の1/3を超えた貸付は出来なくなっています。
例を挙げれば年収300万円の人は100万円以上の借入は出来なくなっています。しかし例外があるのです。
まずおまとめローンを利用する場合です。

 

年収が300万円なのに既に複数社から150万円の借入がある人がおまとめローンを申し込んだ場合には、総量規制の例外事項に当たります。
これは顧客が一歩的に有利となる貸付事項となり総量規制の例外事項となるのです。

 

おまとめローンを利用する事で消費者の返済金額が軽減される等一方的に有利となるからです。
総量規制の除外事項としては不動産購入の為のローンや自動車購入時の自動車ローンなどは総量規制の除外事項とされており、総量規制の対象者でも利用する事が出来るようになっています。

三井住友銀行カードローン