自動車学校のローンは審査基準は厳しいのかについてです。

MENU

自動車学校のローンは審査基準はどんな感じ?厳しい?

 

 

教習所ローンは審査が厳しく不便!

大手カードローンでキャッシングして

教習所代を払うのが楽でお得!

↓ ↓ ↓ ↓

 

自動車免許を教習所など取得するためには、一般的に自動車学校を卒業し、本試験で合格しなければいけません。

 

日本という国は世界的に見ても運転免許証取得のために必要な費用が高額であり、経済的な負担を余儀なくされます。

 

自動車学校や教習所に通うための必要な費用を作れない場合には、自動車学校ローンや教習所ローンなどと呼ばれるローン商品があります。

 

この運転免許取得ローンを上手く利用すれば、経済的負担をかけることなく自動車免許を取得することが出来ます。

 

もちろん、車校ローンを組むためにはある程度厳しい審査があり、決して緩く甘い審査基準というワケではありません。

 

30〜40万円という教習所費用を借入れするワケですから当然のことです。

 

18歳や19歳でも簡単に自動車免許ローンを組めるわけでhあありません。

 

未成年者の場合。親の同意がなければ教習所ローンは組めないところが多いです。

 

このように、教習所のローン審査というのは比較的厳しいものが多く、簡単には審査に通らないでしょう。

 

 

ただ別の方法賭して、キャッシングをして自動車学校や教習所のお金に当てるという方法があります。

 

それが大手の消費者金融や銀行のカードローンです。

 

消費者金融や銀行のキャッシングというのは「使用用途自由」となることから、教習所や自動車学校の免許取得費用として利用するのも全く問題ありません。

 

安定した収入があれば、パートやアルバイト、学生だとしても審査の上お金を借りれるのです。

 

審査に通るか通らないかは各金融業者の審査基準によりますが、大手カードローンの場合は、概ねどこの貸金でも同等の審査基準となります。

 

審査後すぐに融資が実行されることから、明日からでも教習所や自動車学校へ通い始めることが出来ますよ。


 
三井住友銀行カードローン

 

 

関連ページ

ダイヤモンドファイナンスの審査
自動車・マイカーローンで有名なMMCダイヤモンドファイナンス株式会社は審査の基準は厳しいのかどうかを調べてみた。