カードローンの審査は勤続年数と関係があるのかについてです。

MENU

カードローンの審査は勤続年数と関係がある?

必要になった時に、すぐにお金を借りることの出来る消費者金融は、無くてはならない存在となりました。

 

しかし当然のことですが、消費者金融もビジネスとして融資を行っているワケですから、必ず審査を行います。

 

この審査で返済能力が認められなければ融資は実行されません。

 

その審査基準についてですが、満20歳以上で安定収入のある方が最低条件となります。

 

この条件を満たしていなければ申込をすることすら出来ません。

 

審査は全ての申し込み者に対し平等に行われており、職種の違いにより審査基準が厳しくなるようなこともありませんのでご安心ください。

 

ただ、現職の勤続年数が審査に影響してきます。

 

消費者金融としては、一つの会社に長く勤務していればするほど、信頼出来る人物だと判断します。

 

基本的に融資実行の合否を決める判断材料というよりも、限度額設定に影響すると言われています。

 

例えば年齢、年収、職種、他社の借入れ状況など、全てが同じで、勤続年数が一人は数ヶ月の場合、限度額は10万円で、もう一人は5年の勤続年数があり、限度額が30万円といったこともあります。

 

このように少しでも多額の限度額をご希望でしたら、ある程度金属にが影響してくることがわかります。

三井住友銀行カードローン