自己破産後でも即日で借りれる金融業者はありますか?

MENU

自己破産後の借り入れはなかなか難しい面がある・・・。

事業に失敗して、自己破産をしてしまったという人もいらっしゃるでしょう。
日々の生活が厳しくなり、新たに借入をしたいと考えている人もいらっしゃるかもしれません。
自己破産を行った状態でも借り入れすることは可能なのでしょうか。
ここではそれを検証していきましょう。

 

結論から言うと、ほぼ不可能です。
自己破産を行った経験があると、信用情報機関にその情報が登録されているため、新たな借り入れはできません。
信用情報機関とは、個人のローンや借入などの金額や返済履歴などが記録されている機関のこと。
我が国では主に3つの機関があり、それぞれ株式会社日本信用情報機構(JICC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)と呼ばれています。

 

消費者金融を始め、それぞれの金融機関はこのいずれかもしくは複数に情報を登録しており、審査の際にはそれぞれの情報をチェックすることが出来ます。
それを審査の基準とするため、ここに自己破産の記録が残っている限りは借入は不可能と思った方がいいいでしょう。
ただ自己破産の記録はJICC、CICで5年間、KSCで10年で登録期間が終了すると言われているので、その後はその限りではありません。

 

例外としては、中小の審査が非常に緩い消費者金融などでは、柔軟に対応してくれる場合もあるようです。
もし、どうしてもお金を借りたいという場合は、そこをチェックしてみるのもいいかも知れません。